So-net無料ブログ作成
検索選択

兄弟げんか [事件簿]

これは、おそらく5年ほど前の話になる。

そのころの我が家は、人口が過密しており、ごったがえしていた。

うちの家族(うちのオージー、ママ、空手ボーイ、プリンセス)に加えて、
長男坊、そのミセス、その息子、次男坊とその友人がどやどやと暮らしていたのだ。
最初のころは、(新鮮?)な感覚もあるけれど、何ヶ月もしてくるとストレスになってくる。
家族といえども、他人と同居すると自分の家なのにリラックスできないんだよ。

その朝は、長男坊も次男坊もなんだかいらいらしていた。
何がきっかけかは覚えていないけれども、言い争いが始まり、長男坊が弟の頭を小突いた。
”小突いた”ように、ママには見えたかな。

その瞬間、弟は何かを叫びながら飛び上がった。
そして、キッチンに走りこんで包丁をにぎりしめる、兄貴はそれを追いかける。

ママはその兄貴の背中をつかまえようとしていた、無理な話だよね。
奴等は、二人ともうちのオージーよりでかいんだよ。
190cmくらいかな、しかも筋肉質のいいボディを持っているのだ!

長男坊は、そこで何かを摑まなければ、とか思ったのかなあ、
キッチンを走り出て、戻ってきたときはプラスチックの細いカーテンレールを手にしていた。。。
それじゃあ、武器にはならんだろう、、、とその時は考える余裕もなかった、
とりあえず、ママがトライしていたのは、包丁をおろさせること、もちろん。
次男坊の正面に立って、”そのナイフを置きなさい”と繰り返していた、と思う。

長男はもうそこで、自分の部屋にこもってしまったみたいだ。

次男坊もナイフを置いて、外のキャラバンに帰っていった。

ママが電話で友達の家にいたオージーを呼び戻すのに5分はかからなかったかな。
キキキーっとブレーキを軋ませてすごい勢いで帰ってきた。
これは、だって、もうママにできることじゃないもんねえ。ママの子供じゃないんだよ。

空手ボーイとプリンセスはちょっと怯えていた。長男坊のミセスはけろっとしている。
”慣れてるから”とか何とか言っちゃってくれて。どういう環境に育ったんだ、お前は!
このミセスは、結構肝が据わっていて、なんと言うか、トラブルタイプだ。

とにかく、オージーがボーイズを叱りつけ、2人とも怒りがおさまり、自己嫌悪におちいったっぽい。

兄弟げんかも、殴り合いならまだしも(それもいやだけど)、武器はやめてほしい。
だって、アクシデントってこともあるんだよ。それが怖い。
体がでかくて、チカラもあるってことは、怪我が大きくなるってこと。
うちのオージーもそれを十分承知している。だから、ママに感謝、感激(?)

この話を誇らしげに友人に語る。このうちのジャップが、このちっこい体でって。
でも、ママは何にも考えてないんだよ。そういう時って体が勝手に動いちゃうんだ。
そういうことってあるじゃない。
でもそれでまた、この二人の、ママに貸しがある(?)みたいなリスペクトを勝ち取ったのだ。

って自慢じゃないけど、自慢できるママの武勇伝(?)でした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 2

ナオピー

ママさん、そりゃ~大変だったねぇ!
誰にも怪我が無くて 何よりでした。

やっぱり、そういう時に 恐怖を感じるより先に、勝手に身体が動いて行動できたのは、そのボーイズ達を 自分の家族と思っているからこそ できる事。

きっとママさんが 家族のクッションにも、ブランケットにも、そして時には頑丈な壁にもなって 家族を守ってるんだね、、、。

ちっちゃいけど、大きな存在。
ママ、がんばれ~♪
by ナオピー (2012-02-18 18:42) 

ママ

うーん、確かにそうかも。
なんとなくだけど、次男坊がママを傷つけるようなことはしないっていう自信はあるかなあ。今思えば、散々してあげたしね。

子供って大きくなるだけ、問題も大きくなるんだって。うちはまだ6歳と8歳だけど、恐いねえ。
by ママ (2012-02-20 12:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。