So-net無料ブログ作成
検索選択

プリンセス [成長記]

うちのプリンセスが本を読めるようになって来た。
空手ボーイのときに比べると、スロースタートだけど、それはママのせいでもある。

空手ボーイは、1年生のころから自然に字を読めるようになってきた。
そこでママは、オージーって自然に読めるようになるんだあって思ってしまったのだ。
そんなわけないっちゅうの。

プリンセスが1年生になって、学校で読み方を教わるようになって、びっくり!
彼女は単語の一文字一文字を発音してみて、それをつなげていく。

例えば、ANTはア、ン、トゥ、 HANDはフ、ア、ン、ドゥ、 KINGはク、イ、ン、グ、といった感じ。
これは一番シンプルな例で、実際にやってみると難しい。
母音のa,e,i,o,uには長音と短音があるし、gやcには2種類の発音がある。
どっちの発音を使ってるかなんてプリンセスにわかるわけないじゃない!

ひとつの単語を読むのに最低10秒から15秒、ちょっと難しいものになると1分近くかかる。
それをことこつと、辛抱強く続けていくんだよ。
幸いにも、うちのプリンセスは根気と集中力があるようで、絵本一冊をそんな調子で読み続けた。
それを2年生になって、毎日音読させるようにしてみたら、最近では、見ただけで読める単語がかなり増えてきた。やったぜって感じ?

プリンセスはもともと読める前から本は好きだった。
図書館に連れて行くと挿絵のかわいい本を自分で探し出して眺めていたしね。
ただ、読ませようとするとしり込みするので、無理強いせずにほっとくことにしていた。
だって、せっかくの本好きが嫌いになっちゃったらかなしいじゃない?
だから、この毎日音読を始めたのには、わけがあった、実は。

オーストラリアでは、3年生、5年生、7年生になると、全国共通のテストを受けることになっている。
算数、リーディング、ライティング、スペル、文法などなど。
そして、今年3年生になった空手ボーイはその練習問題を宿題として持ち帰ってくるようになった。
ママがそこで気がついたこと、答えを考えるよりも前に、文章問題を読めなきゃだめじゃん!
算数も、答えを書くだけの計算問題ならいいけど、文章問題はまた別問題!

プリンセスにとって、2年生になった今が最後のチャンスなのだ、とママはあせった。

オージーは、できる子もいっぱいいるけれど、読めない子は読めない。
大きい子でも、指を使って計算してたりする。学校に頼ってるだけでは学べない要素がたくさんある。
家庭でどれだけサポートできるかが大きいような気が、ママにはする。

ママが最初に引っ越してきたころ、次男坊、当時12歳が一緒に住んでいた。
インスタントヌードル作り方を聞かれたことがあった。ごく普通の2分ヌードルで、電子レンジでも作れる。
袋に印刷されている作り方を読んで説明してあげて、
”自分で読めばわかるじゃない、私より英語できるでしょ?”と言ったら、次男坊は戸惑っていた。
ママからしたら、悪気があっていったんじゃないよ、もちろん。英語の世界で生きてきたんじゃない。
当然でしょって感じだったんだけど、当然じゃなかったらしい。

とにかく、今のプリンセスの課題は毎日1冊は本を読むこと。
読めるようになって、うれしいし、おもしろい、と感じてるみたいで、ママとしては、ホッとした感じ。
ちょっと長めの本をがんばったときには、ご褒美をあげたりする。
ママに似た読書好きになるかもね。でも、めがねはかけるようにならないでね、と祈るママでした。


兄弟げんか [事件簿]

これは、おそらく5年ほど前の話になる。

そのころの我が家は、人口が過密しており、ごったがえしていた。

うちの家族(うちのオージー、ママ、空手ボーイ、プリンセス)に加えて、
長男坊、そのミセス、その息子、次男坊とその友人がどやどやと暮らしていたのだ。
最初のころは、(新鮮?)な感覚もあるけれど、何ヶ月もしてくるとストレスになってくる。
家族といえども、他人と同居すると自分の家なのにリラックスできないんだよ。

その朝は、長男坊も次男坊もなんだかいらいらしていた。
何がきっかけかは覚えていないけれども、言い争いが始まり、長男坊が弟の頭を小突いた。
”小突いた”ように、ママには見えたかな。

その瞬間、弟は何かを叫びながら飛び上がった。
そして、キッチンに走りこんで包丁をにぎりしめる、兄貴はそれを追いかける。

ママはその兄貴の背中をつかまえようとしていた、無理な話だよね。
奴等は、二人ともうちのオージーよりでかいんだよ。
190cmくらいかな、しかも筋肉質のいいボディを持っているのだ!

長男坊は、そこで何かを摑まなければ、とか思ったのかなあ、
キッチンを走り出て、戻ってきたときはプラスチックの細いカーテンレールを手にしていた。。。
それじゃあ、武器にはならんだろう、、、とその時は考える余裕もなかった、
とりあえず、ママがトライしていたのは、包丁をおろさせること、もちろん。
次男坊の正面に立って、”そのナイフを置きなさい”と繰り返していた、と思う。

長男はもうそこで、自分の部屋にこもってしまったみたいだ。

次男坊もナイフを置いて、外のキャラバンに帰っていった。

ママが電話で友達の家にいたオージーを呼び戻すのに5分はかからなかったかな。
キキキーっとブレーキを軋ませてすごい勢いで帰ってきた。
これは、だって、もうママにできることじゃないもんねえ。ママの子供じゃないんだよ。

空手ボーイとプリンセスはちょっと怯えていた。長男坊のミセスはけろっとしている。
”慣れてるから”とか何とか言っちゃってくれて。どういう環境に育ったんだ、お前は!
このミセスは、結構肝が据わっていて、なんと言うか、トラブルタイプだ。

とにかく、オージーがボーイズを叱りつけ、2人とも怒りがおさまり、自己嫌悪におちいったっぽい。

兄弟げんかも、殴り合いならまだしも(それもいやだけど)、武器はやめてほしい。
だって、アクシデントってこともあるんだよ。それが怖い。
体がでかくて、チカラもあるってことは、怪我が大きくなるってこと。
うちのオージーもそれを十分承知している。だから、ママに感謝、感激(?)

この話を誇らしげに友人に語る。このうちのジャップが、このちっこい体でって。
でも、ママは何にも考えてないんだよ。そういう時って体が勝手に動いちゃうんだ。
そういうことってあるじゃない。
でもそれでまた、この二人の、ママに貸しがある(?)みたいなリスペクトを勝ち取ったのだ。

って自慢じゃないけど、自慢できるママの武勇伝(?)でした。

登場人物 長男坊と次男坊 [ファミリー]

うちのオージーには、長男坊(今年25歳)と次男坊(今年21歳)がいる。
ママと出会うずっと前の話しだし、ママ的にはオーケーだ。
ママも、オージーに出会ったのは26歳、誰にでも過去はある。

長男坊は、短期間の間、一緒に住んでいたこともあるが、難しい。
怒ると頭に血が上るタイプだ。
しかも図体がでかいので、けんかになるとたちが悪い。

次男坊はちょっとは扱いやすい。結婚した当時から一緒に住んでいた期間が長い。
当時はまだ中学生だったので、つい子ども扱いしてしまう。

ただ、2人ともママに対する感謝、礼儀は忘れない。
忘れたら、どんなにうちのオージーが怒るか、彼らは知っているのだ。

洗濯料理、ドライビング。これらの些細なママの苦労を決して無駄にはしない。
彼らには彼らの母親がちゃんと存在しており、うちのオージーとも必要があれば連絡を取り合う。
母親の代わりなんてしなくていい、友達になってくれればいい、
結婚するときに言ってくれた。

そして、彼らは、空手ボーイとプリンセスのいいお兄ちゃんだ。
すごくかわいがってくれる。
給料日、誕生日クリスマス、お金に余裕があれば何かかってあげようとする。

うちと、彼らの母親のところを、言ったり来たり。
一時は、長男坊とその彼女、その息子(うちのオージーの初孫だ)、次男坊にその友人たち、、、
みんなまとめて面倒みていた時期もある。
自分がどうやってやりくりしていたのか、全く想像できない状況だった。
もう一度と言われても絶対できないと思う。

去年、次男坊が出て行ってもうしばらくたつ。こんなに長く持つとは思わなかった。
たまに、お金に困って借金に来るけれど、戻ってくる様子はない。
結婚して9年目。自由を感じる。と言っては失礼かもしれないけれど家族水入らずを実感しているママなのでした。

万引き未遂(?)事件 [事件簿]

この日は、ちょうどプリンセスダンスリハーサルに連れて行く日だった。
ガソリンを入れてから行こうと立ち寄ったガソリンスタンドで、その事件は起こった。

料金を払って振り返った瞬間、ママは見たのだ!
プリンセスがチョコレートドレスの中に隠したその瞬間を!!

「何してるの?」ママの鋭い一言に驚いて、チョコレートを元の場所に戻す。
車に戻って、沈黙のまま目を見つめる、、、
プリンセスの目がうるうるしてくる、そしてママの目も。
情けなくて涙が止まらなかった。
プリンセスが、声を上げて泣き出し、空手ボーイは困ったまま黙っていた。

ダンスに連れて行く気もなくなったけれど、電話で話したうちのオージーは「行ってこい」と言った。
彼にとって、重大なことは、「ママを悲しませた、泣かせた」っていうこと。
万引きそのものは、その次らしい、、、
子供は一度はやるものだって。店の人に見つからなくて良かったねって、
うちのオージーと一緒にいた友人が言っていた。

そういうものなの?
でも、ママがパニックして泣き出してしまったばっかりに、プリンセスは家庭内謹慎となる。
前にも書いたけれど、うちのオージーが怒っているときは、こわい。。。
しかも、意地悪い。
怒られてへこんでいるところを、これでもか、これでもかと、攻め続ける。

発覚した瞬間は、怒りと情けなさで、へこんでいたママも、オージーに怒られてるプリンセスを見て
「パニックしてごめんねー」って、ちょっと後悔、、、
でも、これで学んでくれれば、報われるのだ。

よくよく考えれば、プリンセスが悪いことをしようと思ってしたわけではないんだよね。
ゲーム感覚で、悪いことって自覚もせずにしてしまったんだと思う。
それにパニクってしまったことに、ママは反省。

プリンセスは2日間の家庭内謹慎で許されることになる。
理由は何であれ、もう二度としないでね。ママより。

うちの子はいいこ? [母の疑問]

お宅の子は、「いい子ねえ」って言われたりする。
どこまで信じるかが問題だ。

悪い子供たちではない、という自信はある。
「だめ」と言われたら「だめ」なのだ、と教えてきた。

うちは、うちのオージーもママも叱るタイプだ、優しく言い聞かせるよりは怒鳴る。
怒鳴った後のフォローアップはできるだけするようにはしているが
同情したりはしないようにしている、
うちのオージーは起こると怖い。すごく怖い。
もともと声が大きく、がさつで、口が悪い、これが怒るとものすごい。
うちのオージーに怒られている人を見ると、本当にかわいそうになる、、、
子供でもおなじこと。

ただし、子供が間違ったことをして、片親が叱っているときに、もう片方が子供の肩を持っては意味がないのだ
という点、うちは意見が一致している。
だから、怒られている空手ボーイやプリンセスが泣いてても心を鬼にする。

「ママなんかもう愛してない!!」
「大嫌い」
そう叫んで走り去られたことも数知れない、、、でも、だめなものはだめ、と教えてきた。

ところが最近になって「お宅の子はいい子ね」と言われるようになった。
ちょっとは、報われてきたのかなあ、という気がする。

一方でやつらは、またまたトラブルを起こしたりするのだ。
これがまた、ママを泣かせる。{涙を流させるのだ} 

簡単に泣いてしまうあたり、ママのほうがまだまだ、なのかなあ。
でも、まだママ初心者なんだから勘弁してほしい。

うちのオージーみたく、どっしり構えてられたらいいんだけど。
ま、そのトラブルについては、また次の機会に書いてみましょう。
とりあえず、今のところは、いい子ねえ、ってことにしておくことにしよう。賛成するにしても、しないにしても。
ママを
怒鳴らせない日がもっと増えたらいいね、怒鳴ってる自分って好きじゃないよ。醜いよ。

もっと友達になりたいね。それがママの夢。親と子よりも友達。遠くないよ、近い夢。ね。

登場人物 3号 うちのプリンセス [ファミリー]

うちのプリンセスは、誰に似たのかかわいい。
そして、何より本人が自覚しているらしい、、、

うちにいるときは、かなりのおちゃらけ、おばかをやって喜んでいる。
が、一歩外に出ると、恥ずかしがっておとなしい女の子になってしまうのだ。

お気に入りは、鏡の前で自分をチェックすること。
カメラを向けるとおすましスマイルを見せる。
もっと、自然に、子供らしく笑って見せろって言わないと、プリンセススマイルになってしまう。

ピンク大好き、プリンセス大好き、ポニー大好き、子犬大好き
甘え上手、いいわけ上手、典型的なオージーの女の子。
ずるがしこいところもあって、将来が思いやられる。

ラジオやCDと一緒に歌うのが好きなので
今度、日本に行ったらカラオケに連れて行こうと秘かに考えている。
絶対、楽しいよ。

登場人物 2号 うちの空手ボーイ [ファミリー]

登場人物2号はうちの長男、空手ボーイ8歳!
うちのオージーに似たハンサム、でもおちゃらけている。。。
幼稚園に入ったころは、「大きくなったら結婚したいー」って女の子がいっぱいいたのに
おちゃらけてきた最近はそうでもない、、、

でも5歳から始めた空手はがんばっている。
今では茶帯の1級で、要は黒帯の一個手前だ。
ママに似てちびっ子なので、実際より若く(小さく?)見られるけど
気合は人一倍だ。
人に見られてると燃えちゃうタイプなので、試合とか昇級試験となると集中するみたい。

いつも妹の世話を焼いている(のか焼かれているのか)
結構やさしい、折れてやるタイプだ。
将来、尻にしかれちゃうんじゃないかと、秘かに心配しているママでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。