So-net無料ブログ作成
検索選択
ファミリー ブログトップ

新たなる登場人物 孫っち [ファミリー]

久々のブログ更新です。
2015年はママにとってはかなりハードな1年となりました。

新たなファミリーも増えたのでまずは孫っちから紹介してみましょう。
孫っちは長男坊の長男で、いま10歳の5年生です。
あの悲しい事件で母親を亡くしてから、もう2年と2か月がたちました。
長男坊にシングルファザーとして立ち直ってほしいと願っていたうちのオージーとママでしたが、未だに無理。
というわけで、孫っちがうちにきて1年と8ヵ月。

とにかくゲームを与えられて育ったせいか、空手ボーイやプリンセスとは違う。
学校も出席率は50%以下だったらしい、うちに来た当時は読み書きは一年生並みでした。
ママが作る料理のほとんどを水で飲み下し、靴紐も結べず、ボタンもかけられない、自転車は補助輪つきでも乗れない!

これは時間をかけてがんばるしかないと、思ってがんばったけど。
やっぱりかなり怒鳴りましたねえ。
あとのフォローは忘れないようにしても、でもどなっちゃいましたねえ。
でも、素直にかわいいと思えるから救われたんだよね。

今ではほとんどのママの料理をおいしいと言って食べ、(本心じゃない時もあるけど)
読書も好きで先生にほめられ、字も下手だけど何とか読める。
自転車も嫌がるのを無理やり練習させて補助輪卒業しましたよ。

何かというと ママに甘えたがり、来た当時枕元で歌ってあげたキロロの未来へを歌ってほしいという。
アイラブユーって言ってくれれば、素直にアイラブユーって返せるよ。

休みの日はXBOXしか頭にないのがイラつくけど、進歩しました。

今年は5年生。何かと空手ボーイやプリンセスと比べてしまうのはやめようと思うけれど。
嫌々ながら空手も仕方なくやってるよ。
少しずつでも進歩してくれれば良しとしよう。

いまでも ダディの長男坊が大好きでいつも待っているのがいじらしい。
本当にいつか胸張って迎えにこれる日がくるといいね。



ママがママで居ること [ファミリー]

最近、ママはママで居たいと思う事が多い。

当たり前の事かもしれない。
でも、今まではどちらかというと妻でいる時間がメインだったと思うんだよね。

去年1年頑張って勉強して、デンタルナースの資格をとった。今年は週3日のパートタイムを始めた。そしたら、自分の時間が増えてきてそれをエンジョイしているのよね。

それまでは、家に居て家族のために家事をして、うちのオージーの仕事の送り迎え、キッズの送り迎え、長男坊、次男坊、さらには他の居候までいたよね。

家族が真ん中、ママはその周りでグルグル、バタバタとしていたような気がするの。

ところがところが。
最近ママがママの部分を進出させてきたんだ。自由でいる時間がどんどん増えて、楽しくて、もっと~ってさけんでる。

仕事に行ってると楽しい。キッズと居る時間もママがママでいられる時間だ。一緒に家事を手伝ってもらうのも、買い物に行くのも楽しいね。平気でおならもできちゃうよ。

でも、1人で家にいたり、うちのオージーと二人だけで、家にいたらそれは妻にならなきゃいけない時間だ。

妻になること、それはママがママでいられないということ。何ででしょう。
うちのオージーをハッピーにさせてあげること、それが妻の仕事。仕事だと思ってしまうのがいけないのよねえ。わかってるんだけど、、、ねえ~。

みんなどうしてるんでしょう。

空手ボーイを空手に連れていく、週3日。
2時間近くのトレーニングをプリンセスと一緒に見ている。本を読んだりしながら座ってる。そんな親はそんなに多くない。みんなドロップオフしてまた迎えに来る。
でもママがそれでも座ってるのは、家に帰ったら妻にならなきゃいけないからだ。
暇人だなあって思われたって構わないの。ちゃんと夕ごはんの支度だって終わらせてから来るんだから。

これって悪いことかなあ。妻で居たくない、ママで居たいと思うこと。

うちのオージーの妻で居たくないわけじゃないのよ、でも。
愛はあるわ。この人の面倒は他の誰にもできないの。大好きな人よ。

ただ、少し自由を味わったら妻で居ることが今までより不自由に感じるようになったのねえ。昔はただ、夢中でこなしていたから不自由なんて思いもしなかったのに。

今はきっとこういうストレスの時期なのかも。次男坊が裏庭の倉庫に住み着いてもうすぐ2年近い。この前の胸が痛い事件の後、長男坊も一緒に住み着いている。

助けてあげたいと思う。この気持ちは嘘じゃない。でも、彼らがいる限りママはまだママになれないの、わが家なのに。落ち着けない。ごめんなさい。

もう少し修行が足りないのよ。
でも、この修行の時期を超えたらまた何かイイことがある様な気がするの。

来年は仕事が増えるとイイなあ。頑張ろう!
自分が頑張らなきゃ、人にも頑張れって言えないんだよね。そんなことない?

ワガママね。でも、幸せになりたいの。家族の幸せも、ママ自身の幸せも両方欲しいの!
それくらい願ってもイイよね(^_-)-☆

登場人物 長男坊と次男坊 [ファミリー]

うちのオージーには、長男坊(今年25歳)と次男坊(今年21歳)がいる。
ママと出会うずっと前の話しだし、ママ的にはオーケーだ。
ママも、オージーに出会ったのは26歳、誰にでも過去はある。

長男坊は、短期間の間、一緒に住んでいたこともあるが、難しい。
怒ると頭に血が上るタイプだ。
しかも図体がでかいので、けんかになるとたちが悪い。

次男坊はちょっとは扱いやすい。結婚した当時から一緒に住んでいた期間が長い。
当時はまだ中学生だったので、つい子ども扱いしてしまう。

ただ、2人ともママに対する感謝、礼儀は忘れない。
忘れたら、どんなにうちのオージーが怒るか、彼らは知っているのだ。

洗濯料理、ドライビング。これらの些細なママの苦労を決して無駄にはしない。
彼らには彼らの母親がちゃんと存在しており、うちのオージーとも必要があれば連絡を取り合う。
母親の代わりなんてしなくていい、友達になってくれればいい、
結婚するときに言ってくれた。

そして、彼らは、空手ボーイとプリンセスのいいお兄ちゃんだ。
すごくかわいがってくれる。
給料日、誕生日クリスマス、お金に余裕があれば何かかってあげようとする。

うちと、彼らの母親のところを、言ったり来たり。
一時は、長男坊とその彼女、その息子(うちのオージーの初孫だ)、次男坊にその友人たち、、、
みんなまとめて面倒みていた時期もある。
自分がどうやってやりくりしていたのか、全く想像できない状況だった。
もう一度と言われても絶対できないと思う。

去年、次男坊が出て行ってもうしばらくたつ。こんなに長く持つとは思わなかった。
たまに、お金に困って借金に来るけれど、戻ってくる様子はない。
結婚して9年目。自由を感じる。と言っては失礼かもしれないけれど家族水入らずを実感しているママなのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

登場人物 3号 うちのプリンセス [ファミリー]

うちのプリンセスは、誰に似たのかかわいい。
そして、何より本人が自覚しているらしい、、、

うちにいるときは、かなりのおちゃらけ、おばかをやって喜んでいる。
が、一歩外に出ると、恥ずかしがっておとなしい女の子になってしまうのだ。

お気に入りは、鏡の前で自分をチェックすること。
カメラを向けるとおすましスマイルを見せる。
もっと、自然に、子供らしく笑って見せろって言わないと、プリンセススマイルになってしまう。

ピンク大好き、プリンセス大好き、ポニー大好き、子犬大好き
甘え上手、いいわけ上手、典型的なオージーの女の子。
ずるがしこいところもあって、将来が思いやられる。

ラジオやCDと一緒に歌うのが好きなので
今度、日本に行ったらカラオケに連れて行こうと秘かに考えている。
絶対、楽しいよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

登場人物 2号 うちの空手ボーイ [ファミリー]

登場人物2号はうちの長男、空手ボーイ8歳!
うちのオージーに似たハンサム、でもおちゃらけている。。。
幼稚園に入ったころは、「大きくなったら結婚したいー」って女の子がいっぱいいたのに
おちゃらけてきた最近はそうでもない、、、

でも5歳から始めた空手はがんばっている。
今では茶帯の1級で、要は黒帯の一個手前だ。
ママに似てちびっ子なので、実際より若く(小さく?)見られるけど
気合は人一倍だ。
人に見られてると燃えちゃうタイプなので、試合とか昇級試験となると集中するみたい。

いつも妹の世話を焼いている(のか焼かれているのか)
結構やさしい、折れてやるタイプだ。
将来、尻にしかれちゃうんじゃないかと、秘かに心配しているママでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

登場人物 1号 [ファミリー]

このブログに欠かせない登場人物第1号は、うちのオージーなのだ。
西オーストラリアに生まれ、西オーストラリアで育った、典型的なオージー。
苦労して育ったせいか、人間ができているように見えるときもある。。。
でも、子供っぽかったり、突然キレたり、怒り出したりする。
やっぱり苦労した子供時代のトラウマがあるようだ、(ママ思うには、、、)
その辺は、まだふれないことにしよう。

基本的には、愛妻家、子煩悩、家族第一って感じ?
最近ビール腹が自己主張してきたけど、ママに言わせれば、まだまだ”いい男”なのだ!!

ビール大好き、家族大好き、仕事(レンガ職人)も大好き、でも休みの日はソファでごろごろが大好き。
まだまだ奥の深いうちのオージーですが、ぼちぼち知っていただくことにしよう。
知っても知ってもまだ味がある、、、(苦味も、甘味も、)

苦味がかなり多いけれど、ママにしてみれば
このオージーの妻をやってられるのは、私だけ!!!という自負がある。
ほかの女にはとてもこいつは面倒見きれないって感じのワイルドなオージーなのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
ファミリー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。